女性の婚活事情(2014年7月) | 恋愛必勝テクニック

2014年アベノミクス効果もあり、景気もだいぶ上向いてきました。
現在の女性の婚活事情はどのようになっているのでしょうか。

文響社は7月16日、25歳~39歳の未婚女性665名(20代後半221名/30代前半221名/30代後半223名)を対象に実施した、「婚活女性の実態」に関するインターネット調査の結果を発表しました。(元記事)

未婚女性の6人に1人が婚活中

調査ではまず、現在婚活をしているかどうかと尋ねたところ、「はい(16.5%)」「いいえ(83.5%)」と、6人に1人が婚活中であることが分かりました。

今、行っている婚活内容はなんですか?

1位 「合コンに参加(42.7%)」
2位 「婚活パーティーに参加(36.4%)」
3位 「結婚相談所・婚活サイトに登録(33.6%)」

大手結婚相談所などが主催する婚活パーティや婚活サイトの活用が全体の半分以上を占めています。
いま、婚活市場は大変熱いようです。

年代別では、
20代後半の女性・・・「街コンの参加(38.1%)」が最も多かった。
30代後半の女性は、「合コンの参加(53.3%)」「結婚相談所・婚活サイトに登録(46.7%)」「婚活パーティーに参加(43.3%)」
*他の年代に比べて、より一層結婚に直結する場に参加する傾向が強いようです。

結婚できない原因・・・出会いがないから

1位 「出会いがない(43.6%)」
2位「理想が高い(40.9%)」
3位「自分の性格(36.4%)」といった理由が上位となった。

この結果を年代別で比較してみたところ、
若い時ほど「外見」や「理想の高さ」が原因と考える傾向があるのに対し、
年をとるにつれて「年齢」と「出会いがない」ことが原因と考える傾向にあることが分かりました。

晩婚時代とはいえ、婚活市場はまだまだ十分に熱い市場です。出会いを求めている方は、婚活パーティ、婚活サイトなど積極的に活用してみたらいかがでしょうか。

真剣な恋愛をしたい方は、こちらをクリックしてください。 どんな人でも素晴らしい出会いが待っています! 出会い系サイトは定額制が良い?!

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ