ファーストメール | 定額制出会い系サイト攻略

ファストメールの書き方

ファストメールは、あなたが異性のプロフィールを見て、気に入った方に送る最初のメールです。
いわば、これからもしかしたら一生続く関係になるかも知れない、記念すべき最初のメールです。

 

そのため、できれば相手に良い印象を持ってもらえるような書き方にした方がよいでしょう。

 

以下、体験談や成功事例をもとに解説していきたいと思います。

礼儀正しく、知的に、且つ話して面白い人だということをアピールする。

最初のメールは、

礼儀正しく
知的
話して面白そう

なとい印象を相手の方に与えるような文書で書きたいものです。

 

最初から、
「ちわー」
とは、
「こんにちわー」

 

とか、ちょっと「痛い人」と思われるかもしれません。

 

普通に、
「はじめまして、●●と申します」
で良いと思います。

 

相手が30代の方になると、ある程度社会人経験もあるので、それなりの常識的な初対面のやり取りは必要だと思います。

 

また、知性も問われてきます。

 

頭の良さそうな、誠実で、付き合ったとき浮気とかしなさそうな印象を相手の方にもってもらうためには、知的な印象がある内容も必要だと思います。

 

かと言って、

 

「謹啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます」的な内容では、

 

単純に、頭の固いお役人さん
話していて、堅苦しくてつまらなそう。
束縛しそう

 

などの印象を与えてしまいます。

 

メールといえども、すでにデートは始まっています。
彼女とドライブを行くような感じで、ほどほどの緊張感をもって、且つ、楽しいドライブの始まりを予感させる最初のメールで行きたいものです。

相手のプロフィールをよく読み、プロフィールについて書くこと。

成功体験談でよく見るのは、最初のメールのやり取りで、自分のプロフィールを見てくれて嬉しかったという内容が多いです。

 

人間は承認欲求というものがあります、。
人間は、自分のことを理解してくれ、且つ認めてくれる人に行為をいただきます。
逆に、自分のことばかり話す人は嫌われてしまいます。

 

相手のプロフィールで、
「私は、青森県出身で、サッカーが大好きで週末、サッカー観戦に行ってくれる人を探しています」

 

というプロフィールがあった場合、

 

青森出身,東北出身
サッカー好き,観戦好き

 

というキーワードがいろいろ出てきます。

 

これに対して、全てスルーしてしまうと、自分のことしか話をしない自分勝手な人と思われかねません、

 

かと言って、

 

「凄いですね!」で済ましてしまうと、つまらない人とも思われてしまいます。

 

相手のプロフィールに対して、自分の共通点を見つけ、それに対してお話を盛り上げていくと良いでしょう。

 

以下、良い例として、
「プロフィール拝見しました。青森出身なんですね。私は、東京出身ですが、リンゴは大好きです!
サッカーが好きなんですね。私もサッカーは大好きで、もしよかったら色々サッカー観戦とか行きたいですね。」

 

たとえ、自分との共通点がなくても、相手の好きなことをベースに、次につながるような内容で締めくくると次につながります。

 
ペアーズ エキサイト恋愛結婚 ラブサーチ ユーブライド 必勝テクニック