出会い系サイト 利用リスク

出会い系サイトの犯罪的リスク

出会い系サイトによる事件については、2006年以降減少していますが、減少傾向は横ばいになっています。
2011年の出会い系サイトに関係した事件は1000件

 

その多くは、出会い系サイト規制法違反,児童売春・児童ポルノ法違反で、18歳未満の女性を狙った事件が多くを占めています。
男性では、窃盗や詐欺が多く、犯人は中高生の女子に騙されたという事件が多いです。

 

更に、殺人や強姦など重要犯罪・重要犯罪に結びつく検挙数は減っていません。

 

警察庁 広報室2012年2月23日発表資料より抽出
出会い系サイトに関係した事件の検挙状況

 

また、出会い系サイトとMixiなどのコミュニティサイトでは、出会い系サイトが減少傾向にあると共に、コミュニティサイトでの事件が増えています。

 

警察庁 広報室2012年2月23日発表より
“出会い系サイト”と“コミュニティサイト”に関係した事件の検挙件数と
被害児童生徒数の推移

 

出会い系サイトに関わる事件では、18歳未満の児童(特に女子)に関わる事件が多いようです。

 

このような事件に関わらないようにするためには、まず、お互いの年齢を確認しましょう。
「年齢を直接聞く」というのもいいかもしれませんが、正直に答えない場合が多いです。

 

そのため、会話の中から、およその年齢層を推測し、少なくとも学生とは関わらないほうがよいと思います。

 

男性の場合は、特に18歳未満ということを知りながら、「スケベ心」で詐欺や強盗事件に発展するケースが多いので、注意しましょう。

出会い系サイトのリスク

出会い系サイトは、事件に発展しなくとも、その手軽さ、気軽さから、思いもかけない心の傷を受けてしまうこともあります。

 

会ってみたら体目当てだった。

 

顔で判断された。

 

急にメールが来なくなった。

 

などなど。。。。

 

顔の見えない相手同士。

 

頼りになるのは、メールだけ。

 

相手に過分な期待は持たないことです。

 

あなたは、選ばれている存在でありながら、選ぶ権利もあります。

 

それよりも、自分の良さを少しずつ分かってもらい、そして、相手の良さも分かりあいながら、ポジディブに出会いを楽しんでみたらいかがでしょう。

 

 
ペアーズ エキサイト恋愛結婚 ラブサーチ ユーブライド